ペットショップで働く

幅広い知識を学べられる職場

多くのペットショップではトリミングルームが併設されています。

 

ペットショップで働く場合は、トリマーとしての仕事と、ショップの店員としての仕事を掛け持つことになります。

 

ペットショップでは生体を扱っているため、朝の掃除に始まり、閉店前の掃除に終わると言われています。

 

子犬や子猫に朝、昼、晩と食事も与えなければなりません。接客の時間と同じくらい動物の世話をすることになると思います。

 

また、ペットショップで働くということは、動物の飼育・管理から病気など知識からフード、ペット用品。そして発注、仕入れなどの基本業務まで何もかも学ばなければなりません。

 

勉強の場として考えると、サービス・販売・フード・飼育・グルーミングと幅広く学べるので、将来開業しようと思っている人には、良いのではないでしょうか。

 

従来はほとんどのショップが生体販売を中心としてきましたが、ペットショップは今後どのような方向へと進んでいくのか気になります。

 

スポンサードリンク


関連ページ

ペット美容室で働く
一般的な就職先 ペット美容室
動物病院で働く
動物病院でペットを健康にしてあげる。
トリマーで独立開業する
独立開業する。 フリートリマーとして営業する。
トリマー専門学校の講師になる
トリマー専門学校の講師になるという道
ブリーダーになる
犬が好きで好きでしかたないから、ブリーダーになる!
犬の服を作る
犬、ペットの服も自分で作って、ブティック兼美容室を目指す。