犬の服を作る

犬の服も自分で作っちゃう?

googleで「ペット 服」と検索してみると100万件以上のサイトが表示されます。とても大きな市場規模となっています。

 

ペットの販売はピークを過ぎた感がありますが、住宅の過密化・少子高齢化などによる室内犬の増加により、ペットの服の市場はまだ伸び続けそうです。

 

犬の美容だけでなく、犬の服まで作る事ができればカットに合わせたコーディネイトも、お客さんに提案できます。

 

また、自分の理想的な服が仕入れられない場合でも、自ら作ってしまう事ができます。

 

しかし、ペットの服は扱う業者が非常に多いので、どれだけセンスのいいペットの服を作れても、世間に知らせないと売れません。

 

チラシ、地方情報誌で宣伝をしたり、ペットショップへ営業をかけたり、またホームページを利用して宣伝するなど、ペットの服の売るにはマーケティングのセンスも必要になります。

 

競争は激しそうですね。トリミングの技術料プラス服の販売による臨時収入があったらいいな、ぐらいの気楽さでやってみるのがよいかもしれませんね。

 

今はインターネットが発達したので、店舗を持たなくてもネットで販売もできるというのもポイントです。

 

本当にセンスがいい服を作ることができるなら、他のペットショップやペット雑貨屋の方から仕入れたいと言ってくるはずです。というか、センスのいい犬の服なら、私も愛犬に着せるために購入したいぐらいです。

 

ペットの服を作るのに資格はいる?

ペットの服を作って販売するための免許(資格)はありません

 

服や雑貨など動物の生体を扱わない場合は「動物取扱業」に該当しないので、届出も必要ありません。

 

必要なのは「服を作成する技術」「デザインのセンス」です。個人的な趣味で作っている人も多そうですね。

 

ペット服を売るためには、購入者がどんなものがほしいのか考えて作らなければなりません。

 

・ペットに害のない素材を使用しているか?
・デザインにオリジナリティがあるか?
・動きやすくて、可愛い??

 

ペットとお客さんの両方の視点から考えてデザインする必要があります。

 

ちなみにペットの服作りは通信講座で学ぶ事も可能です。ペットの服作りに興味のある人は参考に資料を請求してみてはいかが?

 

スポンサードリンク


関連ページ

ペット美容室で働く
一般的な就職先 ペット美容室
動物病院で働く
動物病院でペットを健康にしてあげる。
ペットショップで働く
ペットショップで幅広いサービスを学び 働く
トリマーで独立開業する
独立開業する。 フリートリマーとして営業する。
トリマー専門学校の講師になる
トリマー専門学校の講師になるという道
ブリーダーになる
犬が好きで好きでしかたないから、ブリーダーになる!