トリマーで独立開業する

短期間のコースで開業をするのはリスキー

トリマーを目指している人の多くは、開業という夢をもっていると思います。

 

開業するという事は、従業員トリマーよりもワンランク上の知識・経験が必要になります。

 

学校によっては、「3・6ヶ月の短期コースで開業を目指す!」というコースがありますが、すでに業界を経験している人や、すでに別業種で独立している人以外は、短期間で開業を目指すのは厳しいと思います。

 

専門知識・技術以外にも店舗設計や仕入れ先などの経営全般の知識も必要になります。

 

開業するために必要な免許はありませんから、お金さえあればエイヤっと開業する事も可能ですが、リスクが大きすぎると思います。

 

フリーから始めるか店舗をもつか

開業をする場合は、店舗をもたずに「フリートリマーとして活動する」か「お店をもつ」のどちらがに分かれます。

 

フリーで活動する場合は、お店をもっていない分身軽に動けます。
初期資金もほとんど必要ありません。

 

フリートリマー》はお客さんの家へ出張してカットしたり、お店のトリミングスペースを借りる(都会だとフリートリマーさんも使えるスペースをショップが設けている場合があります。)して活動しているようです。

 

初期投資や経費がかからないので、リスクも少ないです。
お店を持ちたいけど、借金はしたくない!という人はフリーから始めてみるのもよいかもしれません。

 

お店をもつ場合》の大きな問題はお金です。
お金があれば開業したいなあ〜っと思っている人もいると思います。

 

お金がない人は、「トリマーの給料以外の何かで稼ぐ」か、「国や銀行からお金を借りる」「親や友人に頼んで借りる」しかないと思います。

 

国民生活金融公庫か銀行から借りるのが一般的でしょう。

 

ある程度自己資金が必要だったり、事業計画もしっかりしていないと借してくれないので、会計士や税理士などのプロのコンサルタントに相談してみるのがよいかもしれません。開業を支援してくれる学校なら大変助かります。

 

スポンサードリンク


関連ページ

ペット美容室で働く
一般的な就職先 ペット美容室
動物病院で働く
動物病院でペットを健康にしてあげる。
ペットショップで働く
ペットショップで幅広いサービスを学び 働く
トリマー専門学校の講師になる
トリマー専門学校の講師になるという道
ブリーダーになる
犬が好きで好きでしかたないから、ブリーダーになる!
犬の服を作る
犬、ペットの服も自分で作って、ブティック兼美容室を目指す。