トリミングはどんな犬種でも必要?

毛を短くすれば手入れが楽ちん

プードルやヨーキーなどの長毛種は、どんどん毛が伸びます。

 

ヨーキーやマルチーズなどの長毛種はある程度伸びると毛先まで栄養がいかなくなってしまうので、自然に切れてしまうと思いますが、ペットの場合は手入れを簡単にするために短くカットしてしまう場合が多いです。

 

ショーにでるヨーキやマルチーズのように綺麗に毛を伸ばすのは大変な事で、実は短くカットするのは簡単だけど綺麗に伸ばして保つ方が難しいのです。

 

カットをする理由は、

 

おしゃれにしたい。
可愛くしたい。
仔犬のようにしたい。

 

など色々あると思いますが、ペットとして飼う場合、1番の理由は手入れを楽にしたいからです。

 

毛が伸びれば伸びるだけ、ブラッシングに時間がかかりますし、毛玉もできやすくなります。

 

毛が長くてブラッシングが面倒だーっと思っている人は、短くしてやってくださいな。

 

短毛種もカットは必要?

ラブラドールなどの短毛種は、カットをするイメージはありませんが、カットをする事もあります。

 

短毛種は春から夏にかけて「換毛期」があるために、毛が抜けます。

 

飼った事がある人は、わかると思いますが半端なく抜けるのです。

 

これを軽減するために、短毛種でもさらにバリカンで毛を短くしてしまう事もあります。

 

ということで、長毛種・短毛種に関わらず、カットするしないは飼い主の判断によりますが、毛を短くしてしまえば手入れが楽になるという事です。

 

毎日ブラッシングしてあげる余裕のない人はカットしてしまうのがお勧めですよ。

 

スポンサードリンク


関連ページ

なぜグルーミングが必要?
犬って自分でからだ洗わないのに何故グルーミングするの?
仔犬の頃からグルーミングに慣らせておく
カットやトリマーに対して慣らせるために
ブラッシング
ブラッシングはグルーミングの基本。
爪きり・耳掃除
爪きりをほったらかしにするのは怪我のもとです。
シャンプーからドライング
シャンプーすれば毛もふわふわ
トリミング
カットして可愛くなる
犬の歯磨き
犬も歯が汚れます