爪きり・耳掃除

爪の伸ばしっぱなしは危険

犬の爪はどんどん伸びていくので、月に1回程度は切ってあげる必要があります。

 

ただし、散歩でコンクリートの上をよく歩く場合は爪が削られないので伸びが遅くなります。

 

犬の爪きりは犬専用の爪きりバサミがあり、これを使います。

 

爪を押し出してバチンと切ってしまいます。

 

切り口はヤスリを使えば滑らかになります。

 

犬の爪は白い爪と黒い爪があり、白いのは血管が見えるのでどこまで切ってよいかわかります。ただ、黒い爪は血管が見えないので、慎重に切らないと出血します。

 

血はすぐに止まりますが、犬が爪きり恐怖症になってしまうかもしれません。

 

耳掃除

耳も手入れをしないと、臭いや病気の原因になるので定期的なケアが必要です。

 

耳掃除にはカンシという医療道具を使います。

 

これで耳の中のムダ毛を抜いたり、コットンを巻いて汚れをふき取ります。

 

カンシがない家庭はめん棒に脱脂綿をまいて使うとよいでしょう。

 

特にたれ耳の犬は、耳の中が汚れやすいです。

 

スポンサードリンク


関連ページ

なぜグルーミングが必要?
犬って自分でからだ洗わないのに何故グルーミングするの?
仔犬の頃からグルーミングに慣らせておく
カットやトリマーに対して慣らせるために
トリミングはどんな犬種でも必要?
カット犬種とグルーミング犬種の2つに分かれる
ブラッシング
ブラッシングはグルーミングの基本。
シャンプーからドライング
シャンプーすれば毛もふわふわ
トリミング
カットして可愛くなる
犬の歯磨き
犬も歯が汚れます