犬の分類--系統別--

系統による犬の分類

前回は犬の用途、目的の分類について紹介しましたが、今回は犬の起源による分類です。

 

こちらの方が生物学的に分類されているので理解しやすいです。まあ、用途による分類は人間の視点からみた分類ですからね。

 

ジャパン・ケネルクラブでは「系統による犬の分類」で分けています。

 

■犬の系統による分類(JKC)

1:牧羊犬(シープドッグ&キャトルドッグ・グループ)
2:牧畜犬(ピンシャー、シュナウザー、モロシアンタイプ、スイスキャトルドッグ・グループ
3:テリア(テリア・グループ)
4:ダックスフント(ダックスフント・グループ)
5:スピッツ属(スピッツ&プリミティブタイプ・グループ)
6:獣猟犬(セントハウンド・グループ)
7:鳥猟犬(ポインティングドッグ・グループ)
8:運搬犬(レトリバー、フラッシングドッグ&ウォータードッグ・グループ)
9:愛玩犬(コンパニオン&トイ・グループ)
10:視覚ハウンド(サイトハウンド・グループ)

 

スポンサードリンク


関連ページ

動物のからだの仕組みの基本
動物のからだはどうやってできているのか
動物の消化活動の基本
食べた物はどうなる?
動物の酸素吸収から尿排泄までの過程について
呼吸に関する動物学
動物のホルモンのいろいろ
動物のホルモンってどんな役割?
犬の年齢の数え方は?
動物飼養管理士試験や、趣味で読んでいるしつけ本で学んだ事をまとめてみました。犬の年齢の数え方、五感、ボディーランゲージ など
犬の乳歯から永久歯へ
犬の歯について
犬の頭の形は多種多様
鼻の長さで3つに分類
犬の しっぽの役割
喜びを表現するだけじゃないよ
犬の被毛の種類
毛の種類によって名前がつけられています
犬の視覚について
ジロジロ
犬の嗅覚について
クンクン
犬の味覚について
ペロペロ
犬の触覚について
さわさわ
犬のボディーランゲージ
プルプル
犬の歴史
昔から人間と共存
犬の階級社会を理解する
犬の社会は体育会系
犬の遺伝性疾患と繁殖
仔犬を飼う前に知っておきたいこと
犬の分類--用途別--
用途で分類されています