犬の触覚について

犬は飼い主になでられるのが大好き

犬はやさしく体をなでられると安心と、精神的な落ち着きを感じます。

 

母犬も子犬をなめてあげます。

 

人間がやさしくなでてあげるのも同じ感覚だと思います。

 

子犬の頃にふれあうことで精神的発達の重要な役割を果たします。

 

犬の触覚で得に敏感な部分はひげや眉毛の感覚毛と呼ばれる毛です。

 

なでられるのが好きな犬ですが、すべての場所をさわられる事が心地よいというわけではありません。

 

さわられるのが苦手な部分は体の先端部です。

 

「鼻先」「前足の先端」「尻尾の先端」は特に嫌います。

 

外敵に襲われた時にケガをしやす部位なので過敏に反応します。

 

この部分は子犬の頃から徐々に慣れさせていくのがよいでしょう。

 

信頼関係ができれば安心してさわらせてくれるようになります。

 

スポンサードリンク


関連ページ

動物のからだの仕組みの基本
動物のからだはどうやってできているのか
動物の消化活動の基本
食べた物はどうなる?
動物の酸素吸収から尿排泄までの過程について
呼吸に関する動物学
動物のホルモンのいろいろ
動物のホルモンってどんな役割?
犬の年齢の数え方は?
動物飼養管理士試験や、趣味で読んでいるしつけ本で学んだ事をまとめてみました。犬の年齢の数え方、五感、ボディーランゲージ など
犬の乳歯から永久歯へ
犬の歯について
犬の頭の形は多種多様
鼻の長さで3つに分類
犬の しっぽの役割
喜びを表現するだけじゃないよ
犬の被毛の種類
毛の種類によって名前がつけられています
犬の視覚について
ジロジロ
犬の嗅覚について
クンクン
犬の味覚について
ペロペロ
犬のボディーランゲージ
プルプル
犬の歴史
昔から人間と共存
犬の階級社会を理解する
犬の社会は体育会系
犬の遺伝性疾患と繁殖
仔犬を飼う前に知っておきたいこと
犬の分類--用途別--
用途で分類されています
犬の分類--系統別--
JKCスタンダードの系統別の分類