犬の嗅覚について

犬の生活の中心は嗅覚

犬は視覚が弱いかわりに嗅覚が非常に発達しています。

 

嗅覚の感度は人間の約100万倍といわれており、嗅覚が全感覚の40%以上の割合で
重要な役割を果たしています。

 

人間の嗅覚細胞が500万個に対し、犬の嗅覚細胞は1〜2億個もあります。

 

犬の発達した嗅覚は「雄、雌を見分けるため」「発情期を感知する」「獲物を発見する」
「食べ物を識別する」など人間では考えられないほどの役目をもっています。

 

この能力で人間の手助けをしているのが麻薬犬です。

 

私達の状態も匂いで感知しているのかもしれません。

 

こちらの体調が悪いときはワンちゃんも匂いで気がつくという話も聞いたことがあります。

 

しかし、嗅覚に関してのメカニズムは研究が遅れており、今後の研究により明らかになっていくことでしょう。

 

スポンサードリンク


関連ページ

動物のからだの仕組みの基本
動物のからだはどうやってできているのか
動物の消化活動の基本
食べた物はどうなる?
動物の酸素吸収から尿排泄までの過程について
呼吸に関する動物学
動物のホルモンのいろいろ
動物のホルモンってどんな役割?
犬の年齢の数え方は?
動物飼養管理士試験や、趣味で読んでいるしつけ本で学んだ事をまとめてみました。犬の年齢の数え方、五感、ボディーランゲージ など
犬の乳歯から永久歯へ
犬の歯について
犬の頭の形は多種多様
鼻の長さで3つに分類
犬の しっぽの役割
喜びを表現するだけじゃないよ
犬の被毛の種類
毛の種類によって名前がつけられています
犬の視覚について
ジロジロ
犬の味覚について
ペロペロ
犬の触覚について
さわさわ
犬のボディーランゲージ
プルプル
犬の歴史
昔から人間と共存
犬の階級社会を理解する
犬の社会は体育会系
犬の遺伝性疾患と繁殖
仔犬を飼う前に知っておきたいこと
犬の分類--用途別--
用途で分類されています
犬の分類--系統別--
JKCスタンダードの系統別の分類