犬の視覚について

犬の視覚はかなり鈍い

犬は人間をよく見つめてきます。じーっと見つめてくる子犬はとても可愛いですよね。
でも実際どの程度見えているのか疑問に思ったことはありませんか?
わたしもこっちの顔が本当にわかっているのか疑問に思ったこともありました。

 

人間は色覚がはっきりしています。実は犬にははっきりとした色覚がありません。
犬にはほとんど白黒の世界が見えているはずです。
さらに視力も0.2〜0.3程度です。

 

犬は本来夜行性なので、色が見える必要がなかったんですね。
ただし暗闇でのモノを見分ける力は人間以上です。

 

そして視野はとても広く250度ほどと言われています。

 

その分目の前の30cm程度はピントが合わないのでぼやけてしまいます。
顔を近づけて「よしよ〜し」っとしても実は犬からは近すぎて顔が見えていません。

 

犬は確かに目は悪いのですが、動体視力は優れており、人間の身振り手振りはよくわかっているはずです。

 

じーっと見てくる時は、必死で人間の表情を判断しようとしているかもしれないですね。

 

スポンサードリンク


関連ページ

動物のからだの仕組みの基本
動物のからだはどうやってできているのか
動物の消化活動の基本
食べた物はどうなる?
動物の酸素吸収から尿排泄までの過程について
呼吸に関する動物学
動物のホルモンのいろいろ
動物のホルモンってどんな役割?
犬の年齢の数え方は?
動物飼養管理士試験や、趣味で読んでいるしつけ本で学んだ事をまとめてみました。犬の年齢の数え方、五感、ボディーランゲージ など
犬の乳歯から永久歯へ
犬の歯について
犬の頭の形は多種多様
鼻の長さで3つに分類
犬の しっぽの役割
喜びを表現するだけじゃないよ
犬の被毛の種類
毛の種類によって名前がつけられています
犬の嗅覚について
クンクン
犬の味覚について
ペロペロ
犬の触覚について
さわさわ
犬のボディーランゲージ
プルプル
犬の歴史
昔から人間と共存
犬の階級社会を理解する
犬の社会は体育会系
犬の遺伝性疾患と繁殖
仔犬を飼う前に知っておきたいこと
犬の分類--用途別--
用途で分類されています
犬の分類--系統別--
JKCスタンダードの系統別の分類